2017年10月18日 星期三 10:03:01

当前位置:首页 > Japanese

中国の経済成長率が世界一に、発改委が「質と効果」を解説

2017-02-17 10:25:05 作者: 浏览量(413) 来源:新華網

 国際通貨基金(IMF)が「中国の2016年の経済成長率は、世界主要経済体の中で首位になった」と報告したことについて、国家発展改革委員会(発改委)政策研究室副主任の趙辰昕報道官は、国家発改委が本日開いた記者会見で「多くの人がこのデータにだけ注目しているが、実際には中国経済が合理的な区間内で運行すると同時に、発展の質と効果が高まり続けていることを強調するべきだ」と指摘した。
 趙氏は、昨年の中国経済の7つの特徴を分析 観察した。
 (一)経済構造が改善された。最終消費支出の経済成長への寄与度は64.6%に達した。戦略的新興産業、ハイテク製造業が力強く発展し、ハイテク産業付加価値額は10.8%増加し、一定規模以上工業企業を4.8ポイント上回った。サービス業のけん引力が強化されており、第三次産業付加価値額がGDPに占める割合が51.6%に達し、前年より1.4ポイント上昇した。
 (二)供給側の構造改革が力強く、秩序正しく推進された。年初に確定された「三去一降一補」(過剰生産能力の削減、在庫の削減、デレバレッジ、コストの引き下げ、弱点の補強)重点任務の達成状況が良好だった。鉄鋼、石炭の生産能力削減で年間目標を上回り、分譲住宅の在庫が減少を続けた。市場化デットエクイティスワップと企業の合併 再編が秩序正しく推進され、実体経済のコストが削減され、重点分野の弱点補強が積極的な効果を手にした。
 (三)市場の主体の活力がさらに引き出された。中央政府レベルで批准される企業投資プロジェクトが90%削減され、市場が形成する商品 サービスの価格が占める割合が97%以上に達した。商事制度改革を深め、「五証合一、一照一碼」を実施し、「証照分離」改革の試行を展開した。全面的に「双随機、一公開」の監督管理を実施し、ミクロ主体の活力を引き出し、市場の経営環境を改善した。
 (四)「大衆創業、万衆革新(双創)」が力強く発展した。第1陣となる双創模範基地の建設推進で、創業 投資ファンドなどによってベンチャー企業の発展を促した。1日平均で1万5000社が創設され、前年比3000社増となった。
 (五)改革開放の新たな進展を実現した。国際的な生産能力をめぐる協力、重大かつ代表的なプロジェクトが実行された。国有企業、投融資、価格などの重点分野の改革が積極的に推進され、塩業界体制改革、国有森林改革、新型都市化、生態文明体制改革、社会事業公共サービス体制などの改革の措置が相次いで打ち出された。
 (六)3大戦略と4大事業の相乗効果が拡大した。各地区は積極的に「一帯一路」(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)建設戦略に参与した。北京 天津 河北共同発展が秩序正しく推進され、長江経済ベルトの発展が加速された。沿岸 沿線経済ベルトが整備され、自由貿易試験区、国家級新区、総合関連改革試験区、国家自主革新模範区などの改革 革新模範効果が引き出され、新たな成長源の形成が加速された。新型都市化の建設が、着実に推進された。
 (七)国民生活の保障と社会事業に新たな進展があった。農村部の1000万人以上が脱貧困を実現し、249万人が貧困地域から転居した。600万軒規模のバラック改築が実施された。社会保障と支援範囲がさらに拡大し、各種社会事業の発展が加速した。
  趙氏は「2016年の中国経済は着実に好転し、経済発展に多くの積極的な変化が見られた。新常態による速度の変化、構造改善、動力切り替えなどの特徴がより明らかになった。目覚ましい成長率の他に、構造改善、改革の進展、国民生活の改善があった。そのため中国の発展には質と効果がある」と述べた。
分享到: